ジムニーのカスタムと改造

ジムニーのハンドルをモモステアリングからDシェイプに交換しました。

ジムニーには、モモのベローチェを付けていました。
かなりお気に入り。

 

でも、もっとレーシーなのがいいなって、アメリカの雑誌「クロール」を見て思いました。

 

 

そうだ!Dシェイプステアリングにしよう。
というか、戻そう。

 

以前、Dシェイプのハンドル、通販していました。
その一発目の走行会が、富士ヶ嶺オフロードだったんです。

 

富士ヶ嶺オフロードまでは山梨県道113号、通称精進湖線でした。
もう、カーブの連続。
ハンドルぐるぐる。

 

ひえ〜、Dシェイプって気持ち悪い〜。

 

ましてそのときは、37×12.50R17なんてサイズのタイヤでしたので、オフロード走行も大変でした。

 

そんな事もあって、モモのベローチェレーシングに変えてました。

 

 

今回は、255/85R16という小さなタイヤサイズで、ラバも走ってみましたが快適。
MT2って、ジムニーに合ってます。

 

 

Dシェイプハンドル、ずっと倉庫にあったのですが、F.L.A.Gの横山社長さんにトレイルギアのステッカーをお願いしたんです。
あの「TG」ってやつです。

 

さて、取り付けしましょう。

 

 

まずモモを取り外して、ホーンの配線です。

 

 

 

 

 

 

 

このハンドルはホーンボタンが真ん中になくって、スポークに付いているんです。
どこをボタンにしようかなってちょっと考えて、右上にしました。

 

 

ホーン配線のプラスとマイナス線が通る溝をディスクグラインダーを使って、ハンドルボスに作っていきました。

 

 

 

 

ハンドル本体を取り付けて完成。

 

 

 

 

こんな感じです。

 

 

 

いいですね。自画自賛。

 

 

取り付ける方は少ないと思いますが、詳細はこちら ⇒ Dシェイプハンドルの通販

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ここにコメントが挿入される
http://www.inetagency.net/doc/comment/3/ echo mb_convert_encoding($html, "Shift_JIS");