ジムニーのマフラー

ジムニーのマフラーをサクソンのマフラーに交換しました。

JB31ジムニーシエラのマフラー交換をしました。

 

このジムニーシエラは後期ですので、JA22と同じフランジです。
前期型はJA11と同じフランジです。

 

JA22のガスケットは半球形で、JA11のガスケットは平面です。

 

どちらが優れているってことはないかなって思います。
どちらも一長一短あると思います。

 

JB23では両方の形のガスケットが使われているからです。

 

 

では、サクソンの登場。

 

 

 

出します。

 

 

 

むむ、かっこいい。

 

で、かっこ悪いノーマルマフラーです。

 

 

クランクエンドなんですが、錆びて朽ち落ちたので、グラインダーでカットしました。
この出口の方向では車検は通りません。

 

困ったマフラーです。

 

 

さあ、とっと取り外しましょう。

 

 

触媒が付いているところ。
スプリングで動きを抑制しないようになっています。
ラスペネかけて取りました。

 

 

赤い矢印の所。
純正のマフラーの遮熱板です。

 

これって大変危険でした。
スパナで、ガツんとボルトを回したら、グルんって行って手を切りました。

 

やっぱり手袋しないとダメですね。

 

 

純正マフラー撤去が終わりました。

 

がら〜〜〜んってしてます。

 

 

 

逆の手順でサクソンマフラーを取り付けました。

 

かっこいいなぁ。
大枚はたいて購入してよかった。

 

でも、このときは本当にミーハーで出口の大きなタイプを買ってしまいました。
これってオフロードでバックしたら、くしゃってなります。

 

あ〜〜〜ダウンテールにすれば良かった。

 

そこであほな私。

 

 

こんな事を考えていました。

 

 

 

 

なんとカットしちゃおうって思ったんです。

 

後日、本当にカットしました。なんて大胆って思いました。

 

 

詳しくは、後ほど。。。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ここにコメントが挿入される
http://www.inetagency.net/doc/comment/3/ echo mb_convert_encoding($html, "Shift_JIS");